上司に寝取られた

上司に寝取られた「おう、塩原君、ちょっといいかな」久しぶりにかけられる声。塩原健太は振り返った。「越久村部長、お久しぶりです」やってきたのは長身の中年男だ。社内でもやり手と評判の越久村竜治、前営業1部の部長であり現在は特別事業部という社長つながりの部門の長を務めている。今でこそ健太は企画開発部に席を置いているものの、一時期は越久村の下で営業にいたこともあり、二人は顔なじみである。たまたま用事があって営業部に顔を出した健太を越久村が見つけたのだろう。健太はにこやかに越久村に会釈した。「ちょっと話があるんだ。いいかな?」「あ、はい。何でしょう」健太は越久村に連れられて休憩室へ向かった。「えっ?…

記事元で続きを見る

コメント