【エロ小説・王様ゲーム2】白いオマンコ汁がねっとりついた指をフェラするように舐めさせた。

「竹井さんが舐めてきれいにしてくれれば着るよ」

正直、嫌と言われるかと思ったが、意外にも「はい…」となんとも素直。

しゃがもうとする竹井さん。

「あー待って待って。やっぱあっちに行こう」

応接室にでかいソファがあるのでそっちに移動。深く腰掛ける。

「じゃあ、するね…」

ひざまづき、髪を耳にかけ、ご奉仕開始。

始めは舌で先っぽをチロチロ舐めたり軽くくわえたりする程度だが、徐々に激しくなってくる。

「んっ…ん…」

情熱的なフェラになるとじゅぼ、じゅぼといやらしい音が響き出す。

あーこれはや…

記事元で続きを見る

コメント