叔父の事は嫌いでしたが愛人となりエッチの快感の為に叔父に抱かれ続けました

私の中学時代は凄かったです。始まりは中一の夏でした。突然の侵入者に挿入され、ファーストキスやバージン、全て奪われ、結局、私はその侵入者にオンナの悦びまで覚えさせられてしまいました。その侵入者とは、父の弟、つまり叔父です。当時、両親は共働きで平日の昼間は家に誰もおらず、私一人の事が多かったのです。叔父は近くで商売を営んでおり、平日休みでした。叔父には奥さんはいましたが、子供はいませんでした。近いこともあって、何かと世話を焼いてくれる叔父夫婦でしたが、私は叔父を好きになれませんでした。なにか、日頃から私を見る態度が普通ではないと感じていて、何となく叔父とは距離を置いていたんです。その日、期末テストが終わり昼過ぎに帰宅した私は、友人と遊ぶ約束をしていたので、シャワーを浴びました。浴室からでて体を拭いていると、突然扉が開き、なんと叔父さんが現れたのです。私は咄嗟にバスタオルで裸を隠して、「でていって!」と叫び、後ろを向きました。「玄関の鍵開いていたよ、だめじゃないか、物騒だなあ、シオリちゃん」(えっ?鍵は確かかけた筈…)「もう!でていって下さい!」すると、叔父は私にだきついてきたのです。「キャア!止めて下さい!」「騒ぐんじゃないよ!叔父さんに対してなんだその態度は?ん?」急に目つきと態度が豹変した叔父。叔父の手がバスタオルごしの私の胸を揉みました。「やあ!止めてよ!」「なかなかいいオッパイしてるじゃないか?」「イヤッ!」叔父を振りほどこうとすると、さらに押さえつけられ、「騒ぐなっていってんだよ、シオリ!」と、叔父は私に張り手をしたのです。目の前で火花が散り、私は倒れ、バスタオルが開けて、叔父に裸を晒してしまいました。叔父はニヤッと笑うと、私の髪の毛を掴み、ムリヤリ立たせ、さらに張り手をされたのです。恐怖と痛さに泣いてしまいました。そんな私に叔父はムリヤリキスをしてきたのです。憧れて
記事元で続きを見る