【熟母と養子と、実の息子と……⑤】お母さんは養子と実子の性奴隷

養子のシュンちゃんに押さえつけられ、オムツを取り替える赤ん坊のように股を開かされた私は、実子であるカズヤの指でオーガズムに達しました。「すごい、ヒクヒクしてる!」私の膣口を見ているのでしょうか、カズヤが驚いた口調で言います。「さぁ、オマエのを入れてごらん」どうやらカズヤはすでにズボンを脱いでいたようで、シュンちゃんの言葉が終わると同時に私は息子のペニスで貫かれました。初体験だったのでしょう、カズヤ
記事元で続きを見る