【官能小説】借金返済に追われる女・・1/2

銀行への借金返済は容易ではなかった。しかし優子にすれば念願騎の夢であった自分の店である。スポンサーのいない自分だけの小さな女の城である。スナック「優子」はまあまあの売り上げだった。経営者の優子と、二人のホステス。三人がやっと生活出来る、というものであった。売り上げの半分は借金の返済である。売り上げを伸ばすにほ客を引きつけ、逃がさないことである。優子は、これは、と思った客には誘いの手を伸ばした。
記事元で続きを見る